Kasugai ザ 道風

 平安時代の三跡のひとり、小野道風(おののとうふう)は、古くから春日井で生まれたと言い伝えられています。
 その真偽は明らかではありませんが、春日井の人々はそれを信じ、誇りにしてきました。そして、「とうふうさん」と呼び親しんで、自然に書道の盛んな土地柄になりました。
 春日井市では、この文化的伝統を大切にして、「書のまち春日井」をキャッチフレーズにし、書道文化の振興に力を入れています。
 春日井市最大のまつりである春日井まつりでも「書のまち春日井」をPRするため、大きな紙に音楽に合わせてパフォーマンスをしながら揮毫(きごう)する書道パフォーマンス大会「Kasugai ザ 道風」を開催しています。


 毎年多くの団体が参加し、オリジナリティーあふれるパフォーマンスや豪快な書の作品で観覧者を楽しませています。



第40回春日井まつり「Kasugai ザ 道風」作品一覧           

 


第39回春日井まつり「Kasugai ザ 道風」作品一覧